シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

【志気之帥也 気体之充也】


本日の畑パトロール
雑草に埋もれていたブルーベリー・スポットを綺麗にしました。


枯れ木になっていると思っていたら、新しい幹が出ていてビックリ!!



「志気之帥也 気体之充也」
孟子


志は気の帥なり
気は体の充なり


何をおいても
まずは志をしっかり立てることが重要
その志は気の働きに影響を与え
気は体を充たすものとなる


人それぞれ、「志」は違うもの
自分の「志」を、自分の言葉で表現し実行することが大切やと思います


さて、これから新しい活動を始めます


また一歩踏み出します
ちょっと嬉しいっス

【間違いがなければ、、、うまくいく!?】本日は大根チャレンジ!!

本日は朝から大根チャレンジ!!

 

大根の苗を準備していただいていたのに、なかなか苗植えができず今日になってしまった。

 f:id:amigo_330:20170922164511j:image

「台所堆肥と牛糞をたくさん混ぜて、深めに耕して苗植えするように」と丁寧に説明メモもいただいた。

 

 

雑草を刈り取って、耕して、堆肥を入れて、苗を植える。

 

 

簡単な作業なんだけど、初心者にとってはなかなか難しく感じる作業でもある。

 

 

いつも感じるのは、苦手意識のある料理と一緒やということ。

 

 

まず何から始めたらいいのかがわからない。

 

 

ただ、作業を初めてみると何とか進むものでもある。

f:id:amigo_330:20170922164538j:image

苗植えが終わって、畝を眺めると達成感もある。

おもしろいもので、蚊に刺されようが気持ち良さが上回る。

 

 

間違いがなければ、、、!?

ちゃんと成長してくれるでしょう、、、!?

 

 

楽しみにしている黒豆ちゃんも好調のようで嬉しい限り^ ^

f:id:amigo_330:20170922164624j:image

f:id:amigo_330:20170922164557j:image

 

畑パトロールの楽しみが増えました(笑)

 

 

 

 

【気の持ちようで症状軽減はあり!?】9月21日(木)推拿デー@芦屋の一日

本日は秋晴れ。
風も清々しくて気分の良いスタート。

本日はお昼時に☎健康相談もお受けしました。
もともと気丈なおばあちゃん(82歳!)が気弱になっていました。
こりゃいかん!!何とかせねば!!っと思いながらお話を伺いました。


Q.困っていること
・以前に骨折した右足のことが心配
・今痛いのは反対の左足、時々しびれあり


Q.聞いたこと
・睡眠
・食事
・排便、排尿
・お腹、手足の冷え
・その他


Q.これまで続けてきて、今できなくなっていること?
・毎朝のウォーキング
・もともと絶好調の排便が今は不調


一番不安に思っていることを引き出そうといくつか質問を続けました。
そのうちに、散歩と排便の2点をクリアできれば何とかなるのではないかと感じました。


そのあとは、痛い足ではなく、散歩と排便の2点を意識した養生法をお伝えしました。


何とか「困った!どないしたらええの!?」➡「なるほど!大丈夫!何とかなりそう!」に気持ちが切り替わるお手伝いができたように思います。


ホッと安堵しました。





最近施術を受けに来られる皆さんとお話しているときによく感じるのは、「気の持ちよう」で結果的に症状は軽減させることができるということです。


痛み、悩み他、困っていることそのものは簡単にはなくならいものかもしれません。


でも、
人に会って話してみたり、
外出して気晴らしをしてみる、
歩いてみるetc


何か行動を起こしてみると、
身体も何かしら反応するのではないかと。


人って一人になると弱くなってしまうものだなぁとつくづく感じました。


困ったときに話を聞いてくれる人がいると有難いですね。
困っている人に声をかけてあげると喜ばれますね。


こんなことを書きながら、そんなん当たり前やん!って自分でも思いますが、意外とその当たり前ができなくなっていることってあるものだと思います。


僕自身もそうだし、家族も、施術を受けに来られる方みなさんも同じなんですね。


健康は健体康心です。
日々、丈夫な身体と安らかな心(気持ち)の両方を養いたいものですね。


目の前に起こっている「忙しさ」に気を配りつつ、
まずは快食・快眠・快便といきましょう!



///////////////////////////////////////////




【推拿施術に関して】
施術は主に芦屋と三田(自宅)で行っています。
または出張施術、養生ワークショップなど。


その他、これからオンラインでも健康相談を始めます。
(※只今準備中です('◇')ゞ)


施術・健康相談などについて、
関心をお持ちいただけましたら
どうぞお気軽にご相談・お問合せください。


<ご相談・お問合せ>
☎ 09067517862
📧 yakuzenclub@gmail.com




…………………………

<気功教室のご案内>

 日時:9月25日(月) 13時30分-15時30分
 場所:ソリオ宝塚 301 
 内容:少林内功
 参加費:3000円



<次回、中医学健康講座のご案内>
・10月5日(木) 10時宝塚・14時芦屋
・11月2日(木) 10時宝塚・14時芦屋
(※内容他詳細はお問合せくださいますようお願いいたします)


<芦屋推拿のご案内>
・10月2日(月)13時、14時、
・10月19日(木)✖

・11月13日(月)予定
・11月16日(木)予定


<三田推拿のご案内>
自宅での施術になります。
日時などお問い合わせください。

【すべてのルーツは宇宙の始まりから!?】根っこは一つなんやということ!

「宇宙の始まり」

150億年前 ビッグバンにより宇宙が始まる
(1000億の銀河、一つの銀河に1000億の星)

46億年前 地球が生まれる

35億年前 生命の誕生

170万年前 人類の祖先が生まれる



宇宙はエネルギーの宝庫
そしてすべての生命の源ですね


時に、宇宙の誕生までさかのぼってみよ


そして、そこから現在と未来をみる


何百年も先を考えてみる


たまには、そのくらいせんとね

【気がわかればすべてがわかる】気の働きを知って養生に役立てる!!

気がわかると

すべてがわかる

 

ぶらぶらと散歩しているうちに

そんな言葉が思い浮かびました

 f:id:amigo_330:20170918110153j:image

気は目に見えない触れない

でもその存在は確かにある

 

気の働きを知って

自分の言葉で気を語る

 

そして気功を学ぶことが出来れば

面白さ百倍です

 

中医基礎理論など教科書に倣うと

他の治療法と並んで外治の一種に分類され

生理機能、運動形式など明確に記載されています

 

■気の生理機能と運動

1.推動、温煦、防御、固摂、気化 

2.昇・降・出・入

 

■気功は外治の一種に分類される

中医治療は内治と外治に分かれます

・内治 中薬と薬膳(食養・食療)

・外治 鍼灸と推拿と気功

 

■気功の原則は三調原則 

・調身 姿勢調整、一定の動作

・調息 各々に定められた呼吸のリズム

・調心 心身にリラックス、意念の集中と運用

 

■功とは、、、

はたらき、わざ、しごと、できあがりなど

日々の積み重ねを指す

  

飲食や睡眠と同様

毎日の積み重ねが大切なんですね

 

一日休むと

三日戻るともいわれています('◇')ゞ

 

小さな積み重ねが

大きな一歩に繋がるということ

 

気功は養生に最適な自主鍛錬法とされています

日々の健康生活に役立つこと間違いなしですねっ 

 

 

 

 

【10月健康講座のご案内】

中医健康講座@宝塚】のご案内

 

※9月に引き続き、主に問診をテーマに開催いたします。


■テーマ:【中医学の診察法】
中医学における四診(望・聞・問・切)とは?
・内臓絵描き
・問診ワーク(自他を診る・知るトレーニング)

 


人体には顔色、舌、爪、皮膚、眼、筋肉の硬直、声質、姿勢etc、身体の内側の状態を教えてくれるヒントはたくさんあります。

 

これらの情報を集めて、常にいまの状態を把握することが大切です。

 

 

また、「内臓絵描き」を通して、主に五臓五腑の位置関係や各々の働きを学びます。

 

 

<問診ワークについて>

主に以下3点のワークを通して身体の仕組みを身につける試みです。
①簡易問診表を使って自分の弱点を見つけるワーク
②自分の状態を話すワーク
③相手の話を聴くワーク

 

 

自らの身心の状態を知ることが、即ち治ることにつながります。

 

■日時:10月5日(木)10時-11時30分

■場所:ソリオ宝塚

■参加費:3000円(資料代込)

■お問合せ:やくぜん倶楽部
 TEL 09067517862
  📧  yakuzenclub@gmail.com


f:id:amigo_330:20170707235203j:plain

 

 

中医学講座@芦屋】のご案内

 

 

■内容:中医学の人体観(気血津液・臓腑経絡・体質)
五臓の働きと各臓器が傷んでいるときの特徴など。
・経絡理論と体内時計の関係性。


今回は主に五臓の働きを簡潔にまとめるワークをします。
自分の解釈を加えて書き出すとより理解が深まります。


また五臓と関連する季節、感情など身体と自然界との関連性を認識することが健康増進に繋がります。


のんびりペースで開催していきます。
どうぞお気軽にご参加ください。

 

■日時:10月5日(木)14時-15時30分

■場所:芦屋市民センター

■参加費:3000円(資料代込)

■お問合せ:やくぜん倶楽部
 TEL 09067517862
  📧  yakuzenclub@gmail.com

 

 

ご参加お待ちしております!!!

【膝が緩むと肩が緩む!?】身体の仕組みを知って、自分でチューニング!!

f:id:amigo_330:20170917224615j:plain

整体から見る気と身体(片山洋次郎氏)を読み返している。

確か古本屋で偶然に購入した一冊なのだけど、何回読んでも面白い本。

とても重宝している。

 

 

以下引用

p146

肩に力が入ると丹田の力は抜けてしまう

背中の筋肉が緊張すれば、腰や背中だけじゃなくて首の方までいきますから、首や肩だけが緊張していないということはないですね。それで、体全体の関連としては、丹田に力が入っていれば、肩の周りは抜けているということになります。いい状態というのは、そういう状態なんですね。「肩に力が入ってしまってはいけない」という言い方がありますが、スポーツをやる場合もそうですし、精神的な意味でも「肩に力が入り過ぎた」というようなことがよくいわれます。基本的にはそういう状態は、うまく体を使えないということです。

 

 

p139 

長く見える首

首の周りの筋肉のバランスがいい状態というのは、後ろから見て、首がすっきり長く見えるという状態です。それは上の方がぐっと締まっていて、肩にいくに従ってなだらかに裾野が広がるような感じになっていて、肩が持ち上がっていない。肩の骨の感じでいうと、肩が自然に、肩胛骨が軟らかくぶら下がっているような感じになっているのが一番いいんです。

(中略)

それが、肩が持ち上がってしまったりとか、背中の骨が上の方に引っ張り上げられているような、何かをしょっているような恰好になっているのは、エネルギーが上の方に集ってしまっているんです。

 

 

p141

首に体力が表れる

基本的に首は、きれいに見えるのがいいことなんだと考えていいと思います。体力も首に見た目にもわかりやすく表れる。首だけは年齢を隠せないと一般的にもよくいわれます。しかし触ってみて、首に力と弾力のある人は、年齢に関わらず体力のある人、また身心のバランスをとる力のある人だと考えていい。

 

引用終わり

 

では、肩や首に表れている疲れ(症状など)を解消するにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

ヒントとしては、

・足首と膝は健康を調節する機能がある

・足から息を吐くよう意識する

・楽器をチューニングするような状態をイメージする

等々が記載されています。

 

 

今回、読んでいて一番印象的だったのは、

「膝を緩めて立つと、自然とお腹に力が入る」という言葉。

 

 

これまで学んできた健康法と合わせて考えてみても面白い。

膝が緩むと、肩の力も抜ける。

膝が緩むと、足が軽くなる。

膝が緩むと、深い呼吸ができるようになる。

膝が緩むと、首が緩む。

膝が緩むと、腰が軽くなる。

膝が緩むと、お腹が温まる。

 

 

 

膝を意識した養生⇋身体全体の機能回復!!

 

 

これはいいかもしれませんね!!