シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

【おかげさまで宝物の時間でした!!】おかあさんとこどものためのお手当教室@芦屋レポート

【おかあさんとこどものためのお手当て教室@芦屋】


おかげさまで無事に開催することができました
暑い中お集まりいただきましてありがとうございました^ ^


いやぁ、嬉しかったです^ ^
何より0歳–2歳までの可愛い赤ちゃんたちと同じ場所で同じ時間を過ごすことの幸せを感じました


まさか、生後1か月の赤ちゃんと出会えるとは!!
本当に嬉しかったです!!


そしてその小さな命に真剣に向かい合っている大人たち
お子さんに向ける眼差しが温かくて、こちらまで癒されました


まず最初に伝えたかった想いは
親の健康と子の健康は密接に関係しているということ


親の健康なしに子の健康はなし
子の健康なしに親の健康はなし


偉そうに言わせていただきましたが本心です


子は親をよくみていますね
そのおかあさんが元気だとやっぱり子は安心します


持論ではありますが
経験上どうしてもここからスタートしたいという想いがありました


そして
親と子の関係だけでなく、大人と子どもの関係性への意識を持つことが大事
ということも付け加えました


これは価値観の構築にも繋がるのですが
子どもは成長過程でテレビ、パソコンその他いろんな事柄から刺激を受けるようになります


親に見守られた生活空間のなかでは
小さい子ほど選択権はほとんどありません
その間の身体作りは全て親、またはそばにいる大人の影響が大きいです


そういう意識を持ち続けましょうとお話しました



<余談ですが、、、>
僕自身、テレビ・ゲームが大の苦手です
年頃の息子・娘は興味を示し始めているので
これからどのように向き合おうか思案中です

見たくない父 VS 見たい息子・娘
見せたくない父 VS 見たい息子・娘

変な空気が流れたり
嫌な感情が芽生えたり
腹が立ったりするんだろうなぁ
と悶々としております(笑)



次に
親または大人として
子どもたちの呼びかけに何より即応えることが大事だということをお伝えしました


答えるではなく、気持ちを込めて応えるということ


わかっているけど、なかなかできない
やっているつもりだけど、不安もある
僕もそんな一人です


今のままで大丈夫かな?
常日頃のそんな問いかけが必要だと感じています


東洋医学云々の前に
愛情表現、コミュニケーションを取ろうとする意欲が先だと考えます


その上で手当ての実践にチャレンジしていきます


持参のモン吉人形をモデルにして
・頭面部タッチ
・背中つまみ
・お腹さすりなど


想いは手にのります
そのはずです


また
理論も大切なので
人体之三宝<精・気・神>をじっくりお伝えしました


3つの丹田を知ることによって
身体作りの根本的な要素を学びます


お昼ご飯はむすび食堂さんのお弁当をいただきました
これが美味しい^ ^


美味しいご飯を囲んで質問その他いろんな話を楽しみましたね
こちらもいい時間だったと思います


早速継続開催が決まりました
次回は7月9日(月)になります


・簡単手当て
・身体の仕組み
・簡単陰陽五行説
・季節の養生
等々、いろんなテーマが思い浮かんでいます


また改めて告知いたします
どうぞよろしくお願いします^ ^


ご縁を繋いでくださったむすび食堂の近藤貴美さん
セキュリティチェックが必要です
そしてご参加いただいた皆様に心より感謝です


ありがとうございました^ ^
心よりの感謝です。


【薬は自分が持っている】難病克服支援センターさまより引用

DNAは身体の設計図。

そして遺伝子は何かしらの原因で傷がつく。

でも、不思議と修復する働きがあるのも事実。

 

以下、難病克服支援センターさまのfacebookページより引用させていただきます。

毎度ながら、とてもわかりやすく説明されていてお勉強になります。

 

【薬は自分が持っている】

DNAは細長い紐の様な形をしていて、その中に設計図があり、それを染色体と言い、その中に書かれている情報を遺伝子と言います。

この遺伝子はストレスや紫外線、電磁波、食品添加物、農薬、喫煙など、様々な要因で傷つきます。

これらの要因は身体の中に活性酸素を作り、それが遺伝子を傷付けるのです。

身体の機能が正常な時は、遺伝子に傷が付いても修復されます。

「糖鎖」が異常を見つけ、遺伝子修復細胞へ伝えます。

それが上手く行われないと病気になります。

ガン細胞もその一つで、細胞が傷付きガン細胞となり修復される。それをみんな毎日繰り返しています。

だれでも毎日3000個くらいのガン細胞ができては、修復されているのです。

修復出来なかった細胞はアポトーシスと言って自滅してくれます。ほんとに素晴らしい身体の機能です。

これが上手く行われないと病気になるのです。

修復される又は修復出来なかった細胞は自滅するのが正常。
これが上手く行われないとガン患者の道が待っているという事です。

病気になるとその事がストレスになり、それが活性酸素を生み、また細胞が傷が付きやすくなる。

身体の機能が正常でなくなってるから病気になった、それに輪をかける様に病気になったストレスが細胞を傷付けやすくする。

難病はこの悪循環でなかなか傷を治す事の出来ない状態と言えます。

でも、本来は自分の身体に備わっている素晴らしい機能があるのです。

生きる為に身体はちゃんと出来てます。

病気になっても治せる力は自分自身が持っているのです。

身体が喜ぶ物を食べ
心が喜ぶ事をして
希望を持って生きれば

病気は自分が治してくれます。

表面上の原因を探り、それを抑える対症法だけを勉強した医者に
「薬はありません、治りません」
って言われても
「薬は持ってますから大丈夫です」と思えばいいんです。

どんな偉い医者が出す薬より、もっと素晴らしい薬をみんな持っているのです。

その薬を使う為に
腸を綺麗にし
血を綺麗にし
血流を改善し
自然の素晴らしい食べ物を良く噛んで食べ、身体が嫌う物は食べない

そして、希望を持って笑って生きるすると、少しずつ身体が正常に戻っていき、元気な細胞に変わり始めます。

笑うと免疫力が上がるというのは、笑うだけでも細胞は喜んでいる証拠でしょうね。

人間の細胞は代謝によって生まれ変わる。

だから、細胞が喜ぶ生活をする。
そんな生活をしていると気がついたら元気になって自分が笑っているのです。

人間は細胞のかたまりですから

難病克服支援センター
https://guide.simdif.com

 

 

細胞が喜ぶ生活!?

考えてみないといけませんね。

 

 

 

【おかあさんとこどものためのお手当教室@芦屋】

日頃何かとお世話になっている
近藤貴美さん(むすび食堂)とのコラボイベント!!
 
 
【お手当】
むかしから伝わる
家庭でできる民間療法
たべものだったり、身体をさわったり
時には植物の力を借りたり
 
 
今回は【お手当】の字の如く
【手】を使ったお手当てです。
 
----------------------------
 f:id:amigo_330:20180427133354j:image
頭を撫でたり
お腹をさすったり
足を揉んでみたり
 
 
子どもにできる
かんたん手当てをご紹介します。
 
 
そもそも手当てって
とても自然な振る舞いですね。
 
 
このかんたん手当て
毎日ほんの少しでも続けていくうちに
自ずと心が落ち着くようになるものです。
 
 
子ども独自のツボというものがあります。
この機会にぜひ体験していただいて
健康生活にお役立てください。
 
 
例)
・発熱には足揉み
・咳や睡眠障害には背中をつまむ
・便秘にはお腹と手指をさする
 
 
お勉強の後はみんなでごはん
 
春から夏にかけて必要な食材を使ったお手当ごはんです。
甜菜糖などの砂糖も使わずお野菜の本来持つ力でつくります。
レシピの紹介や臓器のお話もありますよ!
 
 
こども連れ大歓迎!!
 
 
忙しい毎日の中に自分へのご褒美時間を
過ごしにきてくださいね!
 
 
 
【日時】 5月21日(月)10時-13時
【料金】 3500円(ランチ付き) 
【持物】床に敷くバスタオルやヨガマットなど、飲み物
【場所】前田集会所
     芦屋市前田町
    JR甲南山手駅より東へ徒歩7分ほど
 
※ご質問、お申込みは
 →yakuzenclub@gmail.comまで!
①お名前
②連絡先
③お子様連れかそうでないか
④お子様の年齢
をメールでお願い致します。
 
【ご挨拶】
〈身体の手当て担当:大場径(おおばけい)〉
推拿歴15年(中医あん摩)
上海中医薬大学附属日本校卒業
東洋医学の養生思想をベースに施術・健康相談など行っています。
また、子育てその他日頃の経験より、子供教育(主に小学生)の重要性を意識するようになり、六甲山にあるオルタナティブスクールにて探求型学習のナビゲーターとしての活動も始まりました。
 
楽しく、中身濃くがモットーです。
健康、身体、子育て、子供教育その他、自身の経験に基づいてお話いたします。
ご質問、ご相談ごとなどございましたら、お気軽にお声かけください。

【6月:東洋医学を学びませんか?】知っていおきたい養生の基本<陰陽五行編>

東洋医学を学びませんか?
 
「毎日の体調管理が大切なのはわかっているけど、どうも方法がわからない・・・。」
 
「何かを始めたい。でも何から始めたら良いのだろうか・・・。」
 
【健康を維持するためには、毎日の体調管理が大切です。】
 
 では、どのようにして身体と向き合っていけばよいのでしょうか。
 
★★わかりやすい東洋医学健康講座、毎月開催中です★★
<芦屋教室>
※日時:6月2日(土)14時-15時30分
 
<宝塚教室>
※日時:6月7日(木)10時-11時30分
※場所:宝塚ソリオ3<307号>
 
東洋医学は、中国大陸で生まれ発達し日本に伝えられ、西洋医学が入ってくるまでは日本の主流医学でした。漢方(医学)とも言われます。
 
世界各地にはいろいろな医学がありますが、これらの違いは「生命や病気に対する考え方の違い」といえますね。
 
東洋医学は独特の考え方と観点を持ちますが、私達日本人が持つ生命観や自然観にとても近く、馴染みやすいものです。
 
また古典を参考に古来より伝わる養生観を学びます。
講座に参加していくうちに食生活をはじめ、ライフスタイル全般を見直すきっかけになるかもしれません。
 
■講座の特徴<楽しく、中身濃くがモットーです>
・主に基礎理論(陰陽五行、五臓の働き、体質論など)が中心。
東洋医学を学ぶ上で必要最小限の知識を習得することができます。無駄なく順を追って学びます。
・家庭でできる簡単な養生法(食事、ツボ、体操)を学びます。
 
■6月テーマ:知っておきたい養生の基本<陰陽五行編>

f:id:amigo_330:20170908154831j:plain

【陰陽説】
 ・人間の発生機序(メカニズム)
 ・陰陽の起源、象徴の動物、
 ・太極図(陰陽マーク)の成り立ち
 
五行説
 ・五行説の起源
 ・五行説と自然、身体の関係性
 ・五臓の働き
 
 
■参加費:5000円(資料代含)
 
■お問合せ&お申込み:やくぜん倶楽部
TEL : 09067517862
mail : yakuzenclub@gmail.com
 
皆様のご参加をお待ちしております!!

【回復のきっかけは体話なり⁉︎】

昨日は推拿デー。
【体話】の重要性を再認識。
あなたにとっても、わたしにとっても^ ^


健康か病気か、ではなく
自身の健康度を知ることが回復のキーワードになります。



午後に一件出張施術に伺いました。
まだまだやりたいことがある、
自分のために、家族のために
回復したいと切に想われている方。


今回は初めて玄関先でお出迎えしてくださいました。
嬉しかったです^ ^

【子供心を真似るべし⁉︎】風通しの良い器を持ちたい!

身体は心の器
全ての生き物は天と地がなければ存在しない。


天地自然からエネルギーを吸収してイキイキと活動するためには、器(身体)を風通しの良い状態にしておくことが絶対条件。


その為には日頃から好奇心、積極性を養うとよい。

この一週間はスクールでは保護者面談ウィーク。
色々とお話をしたり聞かせてもらったり。
子供たちの体当たり(気持ち)を受け取る(知る)ことの価値を実感するばかり。
たくさんのことを教わる時間です。


子供たちは世の大人たちを真似ますが、我々大人は子供心を真似ることにチャレンジしなければいけませんね^ ^

【頭の疲れがとれれば何とかなる⁉︎】春先に感じる養生の決め手など

本日芦屋で推拿デー。

春本番かと思わせるぐらい天気が良かったです。
足を運んでくださりありがとうございました。


春になって調子が良くなってくるタイプの方と、
または春が一番苦手なんですっていう方もありますね。


春先だから特にというわけではないのですが、
頭の疲れをとることが回復への重要なキーワードだと感じる毎日です。


帰宅しておやつタイム。
テーブルの上にビスコッティを見つけた!

ラッキー^ ^