読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

折技???

推拿はもっとも古くは、

<折技>と呼ばれていました。

「折技とは、按摩をし、手の節々を折り曲げて、

疲労した枝体(上肢・下肢に通じる)をほぐすものである。

一部の者はこれを卑しいものと思い、他人にしてやらない・・・」

(漢代、趙岐の注釈)

<按蹻(あんきょう)>という呼ばれかたもありました。

これは、自己按摩のこと。

古代、気功も<導引>と呼ばれていました。

どちらかというと、人に施すよりは

自らを鍛錬し、癒すことを行っていたということですね。