読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

「幸せ」を考える

memo

やった!

昨日は家族揃って休日。

なので、

家族みんなで神社参りに行くことにした。

朝早くからぶらぶら歩くのもええもんです。

神社に行くという「行為」はいいこと、と思って始めた。

確かにいいこと。

でも、最近改めて感じていることがあるんですわ。

神社に向かって出発してから、家に帰ってくるまでの「時間」がとっても大切ということ。

長い、短いは関係ない。

「時間の過ごし方」が大事なんや!

神社参りをしている間の「時間」は

自分でつくる「癒しの時間」になっています。

ほんまです。

朝からウマタマは友達とお出かけ。

行ってらっしゃい!

父ちゃんは一人で映画「Happy・しあわせを探すあなたへ」を観にいった。→

アメリカでは「幸福度の研究」が盛んだそうです。

脳医学の博士によると、「幸せを知っていても、実感できていない人」がどんどん増えているんやって。

アメリカ・ルイジアナ州の湿地帯のオッチャンの言葉が心に響きました。

「nature is a good medicine.」

インド・コルカタの人力車ドライバーが言うてました。

「仕事をして疲れて帰っくると、子供が出迎えてくれます。私は幸せです。」

◆「しあわせ」の語源について考えてみたくなった。

意味はラッキー。運が良いこと。

もともとは大和言葉

室町時代に生まれた名詞形の語で

「仕合わせ」と書き、それは「し・あわす(為合わす)」ということ。

本来は<めぐりあわせ>の意味で

<しあわせが良い(めぐりあわせが良い)>、<しあわせが悪い(めぐりあわせが悪い)>というふうに用いられていた。

または、<良きしあわせ><悪しきしあわせ>など。

江戸時代以降、<しあわせ>のみで<幸運な事態>を表すようになり

後々、<出来事・事態>よりも<気持ち・内面>のほうに意味が移り<幸福>の意味になった。

そうして<しあわせ>に<幸せ>の字が当てられた。

漢字の成り立ちでは「幸」は<手かせ>のこと。(えらいこっちゃで。)

のちに、<手かせ>から運良く逃れたというところから「運良く、ラッキー」の意味をなすようになったそうな。

英語で「しあわせ」は「happy」

語源は「hap」

(「hap」は古代ノルゥエー語からの借用語で、原義は「運」「つき」といった意味があるようです。)

「happen」と同じ語源や。

happenの意味は「出来事が起こる・偶然に起こる・たまたま前触れもなく起こる」

意味するところは「偶然・運命」

<めぐりあわせ>と言い換えられるかな?ちょっと無茶か?

ふと、ルイジアナのオッチャンが言うてたのを思い出した。

「自分を大きな自然界に在るものとして認識できればhappyって思える。」

Happyって、<めぐりあわせに感謝する>ということなんやろね。

西洋も東洋も関係なく、同じ感覚で捉えることができる有り難い言葉やと思う。