読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

おむすびを、じっくり、ていねいに。

<育児雑誌 クーヨン 2012-02より覚え書き>

佐藤初女さんのおむすびを食べると、生きる元気が湧いてくるとききます。

一見、なんでもないおむすび。いったい何が違うのでしょう?

「料理は、ただできあがればよいのではありません。ブロッコリーひとつ火を通すのでも、クキが透明になってきたその瞬間に引き上げる。そのときが一番おいしく、素材から人へのいのちの移し替えになるときなのです。おむすびも、簡単なものだと考えるけれど、米を洗うときから丁寧に、米にふさわしいように、吸水も水加減も整える。そうすることで、人のこころに響くようなおむすびになったら、と思っています。」

【食べる】とは、生きる基本、なくてはならないもの。

そこをおろそかにしてはいけない、と初女さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おむすび、毎日食べています。

いのちを養うことはどういうことなのか。

こどもと一緒に、大人もいま、再確認したいことです。