シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

気をつけて!怒ったまま寝たらあかん!?

photo_of_today
 

こんばんはですー。

世の中、いろんな健康法、養生法が出てくるなかで
興味深い記事を発見しました。

結論は「怒ったまま寝たらアカン」ということ。

以下、AFPBB newsより引用→

【11月30日 AFP】熟睡によって、嫌な記憶が脳内で強化される可能性があるとの研究結果が29日、発表された。怒ったまま寝ることを戒める古い格言に、科学的な信ぴょう性を与える結果となっている。

 中国と米国の研究チームが英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表した研究論文によると、形成されたばかりの悪い記憶を保持したまま眠りに就くと、それが脳に深く刻み込まれ、後にその記憶を拭い去るのがより困難になるという。

<引用終わり>


その他、関連記事を読んでみると
「怒ったまましたらアカンこと」を数種類まとめてあった。

・怒ったままの運転もよくないそう。
・怒りを吐き出すこと。
・食べること。
SNSで怒りをぶつけること。
・Eメールを送ること。
・アルコール類
等々が挙げられるそうな。。。

アカン理由は、全て自分の損に繋がるからやって。。。

なるほど!って思う反面、
寝る前にイライラしてもうたときはどないすんのん?ってなりますよね。。。

答えは「瞑想」しかないかもしれませんね。

身体を動かすか、動かさないかは別として、
とにかく心を落ち着かせてから休む意識。

方法はアレコレ試行錯誤したほうが、
良い選択肢に巡り合うものです。

試してみないとわかりませんもんね。


個人的におすすめなのは、以下2種。
1)寝る前の10分程度の体操。
 骨盤の弾力性を保つ意識で、体操数種類。
 膝倒し、膝抱えでも何でもいいと思います。

2)布団の中でホ・オポノポノのお祈りをする
 "i'm sorry please forgive me i thank you and i love you"を10回唱える。
 断食道場で教わったお祈りなのですが、「仰向けに寝て、膝を立てて、両手はお腹の上に結んで置いて」というルールがありました。


2つとも至ってシンプルな方法なのでストレスを感じません。

基本的に三日坊主の僕でもずーっと続けることができています。



何か始めてみようって考えている方、、、

是非、一度お試しください。