シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

【何かをする⁉︎何かをやめる⁉︎】知っておきたい養生の秘訣

頭寒足熱心安らかという言葉があります

健康の秘訣としてわかりやすいですね

 

何はともあれ

足元を冷やさないように

毎日を過ごすこと

 

やっぱり大事です

 

そのほか瞑想、運動、早寝早起き、食事、食材、添加物、化学物質、経皮毒、排泄、毒だし、白湯、生水、玄米菜食、断食、掃除、爪もみ、酵素、リンパ、笑い、アロマセラピーパワーストーン、砂浴、ヨガ、アーユルヴェーダ、断糖、岩塩、重ね煮、自然療法etc

 

 

日頃意識したら良さそうなことや

これができたら大丈夫と思えること

たくさんあります

 f:id:amigo_330:20170314173927j:image

 

でも

思い通りにいかないことも

結構あります

 

 

結果

疲れが溜まったり

雑念に振り回されてしまったり

何か変な気分で過ごしてしまうことも

あるかもしれません

 

 

僕自身の経験ですが

疲れが溜まると

必ず首~背中に痛みが出ることがありました

 

 

痛みが出ると

早く治りたいなぁと思い始めます

 

 

人間って勝手なもので

痛みが出たり病気になったりして初めて

健康になりたいって考えるものなんですね

 

 

ただ健康論上はっきりしていることは

”自分で治る!”と明確な意思を持ち始めた人は

治癒のスイッチがオンになる

ということです

 

 

そして

この症状が楽になったらどうしたいのか

真剣に考える

 

 

遊びに行きたいっ

あの人に会いに行きたいっ

あそこに食べに行きたいっ

 

 

明確な目的意識を持つことが大切なんですね

 

 

目的がハッキリすると

どのようなことをすれば身体が喜ぶのか

自ずと浮き上がってきます

 

 

ヒントは

1)体調の変化を知ること

2)養生法の実践

です

 

 

体調の変化は

体重、体温、気分、食欲、排泄、睡眠etc

 

養生法は

生活習慣を見直すということ

 

 

■養生法について

・何かをする

・何かをやめる

 

どちらも立派な養生と心得る

 

 

自分に対して

悪影響を及ぼしているであろう何かを探して

自制心でそれを排除します

 

 

例)

テレビ、パソコン、スマホ、たばこ、酒、夜更かし、夜食etc

 

 

それはちょっと難しいなと思った方

おススメの戦略があります

 

 

それは

その何かを

①見ないこと

②遠ざけること

 

 

4才児があみだした

確率の高い我慢の方法です(笑)

マシュマロ実験 - Wikipedia

 

 

情報断食という言葉もあります

手元・目元から離せるものを

探してみるのも良い方法です

 

 

是非一度お試しください