シンプルなカラダづくりを考える

健康生活への第一歩をお手伝いします

【経絡とは身体の状態に変化をもたらすルート!?】推拿クラスの振り返り

推拿クラス@上海中医薬大学附属日本校
テーマ:経絡学説

今回、セミナー資料を見直していてふと感じたことがありました。

それは
整体観・気の生理機能・気の分類
の3点をアウトプットできるようになってから
経絡理論を学ぶといいのではないかということです。

僕自身、学生だったときに
「気の生理機能とは?」「気の分類って?」と問われると、
恥ずかしながら知ってはいるけどスッと口から出てこない
ということが何度かありました。

そんな想いもあって、気の話から始まりました。
とくに気の分類が理解できると
中医学の中心は五臓でありことがよくわかりますね。

f:id:amigo_330:20191014105634j:image

そうそう
気の分類をお話していると
営気がでてきます。

営がでてくると
営と栄の違いが思い浮かんで
毎度少し脱線してしまいます。

営養と栄養の違いですね。

食養生という言葉から営養が生まれ
のちに栄養に変わった歴史があります。

営なむ
栄える

意味がえらく変わってしまいますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、経絡理論ですが
・気血津液の巡るルートである
・体のいたるところに分布している
・各臓腑器官、皮膚、筋肉、骨などを結び付ける
といったキーワードから


身体の状態に変化をもたらすルートである
という言葉を思いつきました

体と身体も使い分けします
また脱線か、、、笑

身体は肉体と精神のこと
なので、経絡は感情も運ぶと捉えます。

正経十二経脈
任脈と督脈
基本的にはこれら14本のルートを学びます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実技では最初に
米枕を使って揉法と一指禅

次に
前腕部~指先にかけて
丁寧にほぐす練習をしました。

また個人的にとても重要視している
督脈についてポイントを共有しました。

f:id:amigo_330:20191014105543j:image
重要だと感じる理由は
監督という名称から理解できますね。
人体をマネジメントしていると考えます。

その督脈
滞りやすい部位が3つあります。
・後頭部
・けんびき(肩甲骨)
仙骨

これらの部位に手をあててみて
押す、つねる、なでるなどしながら
痛みや浮腫みに個人差があることを学びます。

f:id:amigo_330:20191014105649j:image
その後ベットに仰向けに寝て
足少陽胆経への施術を練習しました。

といっても
側頭部へ軽く指をあてるだけ。
誰でもできるかんたん施術です。

1-2分程度指を柔らかくあてているだけなのに
不思議と下肢に血流が漲ります。

・・・・・・・・・・・・・・
身体に異変を感じる
何らかの施しを実践する。

得手称心、法随機変
手と心が自由自在になれば
何をするかはその時に咄嗟に思いつくもの。

懐かしい名言を思い出す一日となりました。