読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

冬至に思うこと


photo_of_どしゃ降りの夕方

こんばんはー。

昨日の12月21日は冬至でしたね。

「一年のうち、昼間の時間が最も短い日。」

二十四節季では
「冬の真ん中」
「真冬の始まり」
といいます。

「古代においては冬至を一年の始まりとしていた。」

一陽来復」ともいって、
幸福に向かうという意味もある。

なので、有難い一日、おめでたい一日と考えて良かですね。

陰陽思想においては
”陰極まって陽生ず”と表現します。

お互いを励まし合う一日と捉えて
積極的に明るく過ごしたい一日。

そういう意味で、とても大切な一日。

以前は、
冬至といえば、
キャンドルナイトのイベントに参加したこともありました。

今年は何かとドタバタしてて、
落ち着く間もなかった一日でした。

正直、冬至ということを忘れていたくらいやった。。。

夜になって、
家族が柚子湯を用意してくれていて、、、
やっと気づいて、、、

あぁぁぁぁあぁっぁぁぁあってなった。。。

これから少しの間、冬至の期間になる。

太陽の気を補って、身体を守りたいですね。



子供たちは早や冬休みに入ってる。

そして、これからクリスマスとお正月がやってくる。

家族、友人と楽しく過ごしたいですね。