シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

植物とのコミュニケーション セミナー

ペイサジスト(景観設計家)グロッセ・リュックさん、

園芸療法実践家グロッセ・世津子さん、

環境運動家辻信一氏の対談会に参加してきました。

グロッセ・リュックさんprofile

グロッセ・世津子さんHP

ナマケモノ倶楽部

グロッセさん夫婦は、20年ほど前から日本に住み、

当初は「日本のスピード」に戸惑い、とても疲れて”時間を止めたい”と思ったそうです。

ご主人のリュックさんは、いつも庭にある環境で暮らしていて、

何となく無意識的に植物とコミュニケーションをとっていたように思う・・・

とお話されていました。

「庭は・・・眺めるのではなく、その中に”いる”ことが大事」だそうです。

植物と同じ目線、同じ波長の生活・・・ですね。

世津子さんがお話された

「動物的時間(早い・壊す)」と

「植物的時間(スロー・成長・循環)」という比較が印象的でした。

特に、世津子さんのお話はとても興味深く、眠気も忘れて聞き入りました。

(自分でもビックリ!)

植物と触れ合うことで、人として前向きに生きるきっかけを教えてくれる・・・、

この世界観にはしびれました。まいりました。感動している自分がいました。

花・木の名前は全然覚えられまへん。苦手です。

でも、ほんといい事を教えてもらいました。

「一番身近な自然は、自分」なんですね。