シンプルなカラダづくりを考える

中医学×探究型学習÷畑で過ごす日々の記録

中医学の歴史を学ぶ「鑑真編」

日中の医学交流史を学習していくうち、鑑真に興味を持ちました。

鑑真は日本の古代医学の発展に多く貢献したため、「日本の神農」「日本漢方の始祖」と仰ぎ称された。

医学史学者、富士川游は「日本古代に名医多しといえども、祀像(祀るための像)を得たる者は僅かに鑑真と田代三喜の二人のみ」と述べている。

以上、『中国医学の歴史』より


知識は本から、ということで図書館へ。

本が見つかったら、キーワードを抜き出して用紙1枚分程度にまとめます。

興味を持って学ぶことって、ほんとに楽しいですね。

さらに、春には仲間を誘って唐招提寺ツアーを企画します。
 
とても待ち遠しいです。