読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなカラダづくりを考える

「自分で気づく、自分で治る」を合言葉に健康生活への第一歩をお手伝いします

breath awareness -気づきの呼吸- 体験談 2012-01-21

ワークショップ

breath awareness 気づきの呼吸ワークショップに参加してきました

 

インストラクター 

トレーシー・ストーヴァーさん

 

ブレスワーク(呼吸法)トレーナー 

メディテーション・ティーチャー 

スピリチュアル・コーチ

 

 

呼吸がもたらすヒーリングパワーを強く信じ

その啓蒙に努めている

 

 

米国シアトルをベースに、国内・海外にて

セラピストや一般の方々を対象にリトリート、ワークショップを開催している

 

■breath awarenessとは

(以下、案内DMより)

 

呼吸の仕方は

その人の生き方の反映です

 

息を吸うことで

私達は生命力を取り込んでいますが

 

私達は生きることに「イエス」と言っているでしょうか

 

呼吸は自己治癒へのパワフルなツール

ではそうした呼吸をするには

どうすれば良いのでしょうか

 

 

気づきの呼吸のブレスワークでは

完全な深呼吸の仕方からお教えします

 

 

呼吸により肉体、精神、感情に影響を与えてきた

潜在意識の記憶を呼び覚ましトラウマの解消を誘います

 

 

バイタリティ、エネルギーに満ち

自分自身をより深いレベルで理解し

よりクリアーに物事がみられるようになるよう

習性になっていた不完全な呼吸のパターンをリセットします

 

 

 

■レッツ・スタート!

10:00-18:00のスケジュールで参加しました

お弁当持参で

 

 

10人程の参加者のなか

男性は僕一人でした

 

 

後から聞いたけど

いつも必ず男性が一人だけ参加しているそうです

 

 

お弁当をもってきていたのも僕ひとりでした

おもしろいですね

 

 

さて

はじまりはじまり

 

 

皆で輪になって

トレーシーさんからワークショップの説明受けたり自己紹介をしたり

 

 

通訳のエリコ・ロウさんがまさに的確に説明してくれるので大助かりでした

 

 

エリコさんは世界中のありとあらゆる医療を勉強しているそうで

とにかく的を得た通訳(説明)をしてくださいました

日本語での説明もほんと上手い

 

 

当時僕自身の悩みであった

中医学における<中庸>の英訳を聞いてみたところ

 

 

あっさりと

「状況にもよりますが・・・それはmiddle wayですね」

と答えてくれました

 

 

スッキリ~っ‼️‼️‼️‼️‼️‼️

 エリコさんありがとーーーーーー!!!!!

 

 

辞書には載っていないことだと思います

 

 

middle wayという単語よりも、

「状況にもよりますが・・・」がポイント!

 

 

一言で語れないことに改めて納得できたことが大きい

 

 

<中庸>をそのときの状況に応じて英語で語る・・・

僕にとってはとても大きな学びです

 

 

それから

breathの語源も聞いてみますと

トレーシーさんにも確認してくれて

「return of spirit」と教えてくれました

 

 

呼吸とは

まさに生きることなんですね。

 

 

 

■体験談

午前・午後と二回にわけて、ワークをしました

 

1)

基本的に仰向けに寝た状態のまま

約1時間穏やかな呼吸を繰り返します

 

 

2)

呼吸の間(ま)はなし

口から吸って口から吐くを繰り返す

  

 

口だけを使って呼吸を続けるのは意外と難しく

最初はペットボトルの口をくわえて行いました

 

 

3)

ワーク中

トレーシーさんの誘導で声を出して呼吸が活発になったり

また穏やかな呼吸に戻ったりします

 

 

最初はなかなか深い呼吸になじめず

腹部・胸部に手を添えてもらいながら

徐々に慣れていきました

 

 

1回目が終わってビックリしました!

 

 

10分ほどしか経っていないと思って時計を見たら

 

 

何としっかり一時間経っていました!

 

 

ほんと、あっという間でした

 

 

トレーシーさんに

「1回目からここまで深く呼吸できる人はなかなかいません」

と言われたことが印象的でした

 

 

「午後のワークはまた違った感じになりますよ~」

とも言われました

 

 

 

参加のみなさん

それぞれいろんな感覚(反応)で過ごされてようで

ご飯中に早速シェアリング

 

 

最初僕は両手がしびれたような感覚がありましたが

その後はほとんど記憶がありませんでした

 

 

手・足がしびれたり

咳が出てきたり

涙が出てきたり

大声が出てきたり

いろんな反応があるそうです

 

 

もちろん

深い呼吸ができず

反応がでない方もあるそうです

 

 

2回、3回と回数を経て

実感していくそうです

 

 

午後の2回目

不思議と始まる前から少し涙が出てきていました

 

 

トレーシーさんとエリコさんにも相談しましたが

「実は午前中のワーク中、だいぶ深い呼吸をしていたので、気になっていました。でも、大丈夫。自分の呼吸を信じて。」

とだけ言われました

 

 

今回はずっと意識はありました

そしてどんどん涙が出てきました

 

 

普段は意識していない

忘れていたような出来事が浮かび上がってきた感じです

 

 

つらかったことや嬉しかったこと

悲しかったこと、腹が立ったことなどなど

 

 

深い呼吸を通じて

そういった感情に向き合った時間だったように思います

 

 

つらい涙というわけではなく

体内に溜まっていたさまざまな感情が入り交ざって

涙という表現になったような気がします

 

 

僕の場合は、ワークの終盤にはなぜか

「何や、そういうことやったんや!」

という言葉が何度も頭の中を走っていました

 

 

理由はわかりません

 

 

後で皆さんでシェアリングしているときに

エリコさんに英訳してもらうと

「Wow, This it it!」と訳していただきました

 

 

トレーシーさん笑ってました

 

 

なぜ、「何や、そういうことやったんや!」がでてきたのかはわかりません 

 

 

■以下、メモ

1)

呼吸=第2の脳

 

 

2)

集中した呼吸(深い呼吸)は潜在意識に響く

痛み・悩みなど解決を求めるものに対しては

「表面ではなく、奥深いところ」に意識を向けること

 

 

3)

深い呼吸は臓器マッサージになる

 

4)

深い呼吸は頚・背中へのマッサージになる。

 

 

5)

感情(ストレス)はお腹に溜まる

 

 

6)

米国で定期的に開催しているワークショップのこと

オペラ歌手のグループ

ワークを続けると歌声に変化が生まれた!!!

 

 

 

呼吸は学びの多いテーマです

 

 

これからもいろいろ実践していこう

 

そしていいものは周りに広めてみよう